口腔カンジタの症状は?

口腔カンジタとは?

口腔カンジタはは口の中にカンジタ菌が感染してしまい、さらに口の中で細菌が繁殖して症状が酷くなってしまうことを言います。特に小さな子供たちや高齢者に見られる症状と言われていて、急性期になってしまうと、カンジタ菌はどんどん増えてしまいます。舌の上だけではなく、喉の部分まで症状が出てしまうために自分の口の中を鏡で見て驚いてしまうということがあると思います。

 

また、慢性型の場合には、白い斑点が口の中に出来てしまい、この白い斑点がいつまでも治らずに頻繁に繰り返してしまうような症状になります。治療としては抗菌作用のある薬が処方されたりすることもありますが、外用としてうがい薬が処方されたりすることもあります。体内の抵抗力が低下していたりする場合には患ってしまいやすいと言われていますから、いつもとは口の中が違うと思った場合には口腔カンジタを疑ってみると良いと思います。


トルコリラとは

カンジタ 症状と検査