皮膚カンジタの症状

皮膚カンジタとは?

皮膚カンジタというのはカンジタ菌というカビの一種が皮膚に感染してしまった症状をいいます。どのような症状が起きてくるのかというと、皮膚や爪が白くなり、皮膚がカサカサとして硬くなってきます。足よりも手に多い症状だと言われていて、爪の場合には、白く変色してきます。

 

また、この他には指と指の間に手湿疹のような湿疹が沢山できてしまい、カンジダだとは思わずにに薬などを塗ってしまいますが、中々治らず病院へ受診して初めてカンジダだということがわかるというケースがあります。また、この他には赤ちゃんがオムツかぶれにより皮膚カンジダを発症してしまうようなこともありますし、大人になってからでも口の中の粘膜や皮膚の粘膜に皮膚カンジダを発症しまうような場合もあります。いずれにしても、素人が判断できるような症状でもありませんので、異常があるときにはしっかりと受診することをお勧めします。


トルコリラとは

カンジタ 症状と検査