カンジタの自宅検査キット

カンジタの感染経路と潜伏期間

カンジダはもともと直腸、口腔内、皮膚に常在している菌です。カンジタは、性行為によっても感染します。カンジダに感染している女性と性行為をしても、清潔にしていれば、男性に感染することは稀です。カンジダ菌は、体力が低下していて抵抗力がない状態に増殖して、発病しやすいです。例えば、糖尿病や疲れ、妊娠時のホルモンのアンバランス、ピルの長期の服用など、抗生物質の投与、ストレスや肥満など様々な原因があるのです。

 

カンジダの感染は、性行為以外には、本来体に持っているカンジダ菌が他の病気などの原因でおこる自己感染の性病でもあります。誰でもなりうる可能性があります。処女でもカンジタになる可能性はあります。潜伏期間は、感染の要因がいろいろあるので、特定は難しいのですが2日〜7日くらいが通常のカンジダ感染の潜伏期間といわれています。

どんな症状なのか?

カンジタの症状は、おりものの量が増えたり、白色や黄白色のおりものが特徴です。おりものの状態は、ヨーグルトや酒粕などに例えられます。また、膣内や外陰部に痒みをともないます。かゆみが酷くて、ひっかいて外陰部に炎症を起こしてしまうこともあり、そこが赤くただれて痛みが酷くなったりもします。また、排尿時に痛みを訴えることもあります。

 

カンジタはほとんどの場合、女性にみられる症状ですが、男性にも感染することはあります。男性の場合の症状は亀頭炎で、かゆみや発疹、皮膚の一部が赤くなったりします。

病院に行かなくても検査ができる

カンジタ

カンジタの疑いがある場合には、病院の性病科や性病専門クリニックで検査するか、自宅でできる性病検査キットを利用してチェックするのがいいでしょう。

 

検査キットはネット通販で手に入ります。郵送で検体を検査機関に送り、インターネットや郵送で検査結果を知ることができます。匿名で検査も可能、家族や恋人に知られずに検査できます。病院に行くのは恥ずかしい、近くに性病科がないという方にお勧めです。

 

※ 画像の検査キットは一例です。内容やパッケージは商品によって異なります。


おすすめの性病検査キットの通販

カンジタ

女性向けに作られている性病検査キットの通販サイトです。カンジタの他には、HIVやクラミジア、淋病の検査キットも取り揃えています。複数項目検査のセット料金がお得です。もちろん、男性向けもあります。

 

カンジタ


カンジタ

カンジタ症をはじめとする各種性病の検査キットを取り揃えていて、分かりやすい説明が特徴の通販サイトです。検査キットや説明書がコンパクトにまとめられたシンプルなパッケージが特徴の性病検査キットです。

 

カンジタ


カンジタ

こちらは、性病検査キットの他に、ガンの検査キットが充実しているサイトです。子宮頸癌などの検査もできます。カンジタの他にガン検査も同時に受けたい人にお勧めの検査キット通販のサイトになります。

 

※こちらは掲載終了しました。


治療は簡単、数日で症状が改善

女性の場合、かゆみがある場合は抗真菌剤、軟膏の塗布で治療します。症状は、2〜3日で改善されますが、完治には10日間程かかります。再発を繰り返す方には、内服薬で治療することもあります。他には、膣内の菌を洗い流す、膣洗浄という方法もあります。

 

男性の場合、カンジタの治療方法は、局部療法として軟膏を湿布して行います。やはり、2〜3日でカンジタの症状は引きますが、カンジタを完全に治すためには10日間程度の時間が必要でしょう。ちなみに、男性は包茎だとカンジタになりやすいといわれています。


トルコリラとは